映画 王の定め 歴史を変えた八日間 感想

この記事は約1分で読めます。

監督 映画王の男のイ ジュニク
出演 映画グエムル漢江の怪物のソン ガンホ
映画ベテランの敵役ユ アイン
映画王の定めは
かなり見ていてつらかった。
他人事ではなく
自分も親とケンカするとこんな感じのような
気がして、
しかし、
全体的には、
ストーリー展開も少なく
重ーいモヤモヤとしたダークな
気持ちがずっと続く
映画で
自分の感想としては、
重いので
見るのもつらくなってしまった
映画であった。
確かにベテランの俳優の演技、
子役の演技も
ほんとに良かったのだが、
何せ、モヤモヤとダークで
ラストは自分には
まったく別の展開にしてほしかったのだが、
ひょっとしたら韓国の歴史上での
事実の史上のことなのかも
しれずそこらへんは、
知らないので
こういうストーリーになってしまうこと
前提であったのか
監督のイ ジュニクの映画
王の男も
実は見たことがあるのだが、
こちらの映画もかなり
物議をかもした映画であったのは
覚えていて、ラストも確かうやむやで
終わったようなことを覚えている。
監督独特の人間ドラマを基調とした
映画で
ソン ガンホやユ アインのファンの人
イ ジュニク監督の映画が好きな人には
おすすめなのかもと思うので
よければ♪

タイトルとURLをコピーしました