映画  インディペンデンス・デイ リサージェンス 感想

この記事は約3分で読めます。

監督ローランド エメリッヒ
主演クリスヘムズワースの弟
リアム ヘムズワース
マイカモンロー
映画ザ ゲスト映画フィフスウェイブにも出演
ジョーイキング
シャルロット ゲンズブール
アンジェラベイビー
インディペンデンスデェイリサージェンスは
全体的には
エンターティメントと映画しては良いのだが
なぜか、
枠の中で
ストーリーが展開しているようで
次どうなるんだろうという
ワクワク感が少なかった。
ワンパターンで
マンネリ化しているのかもしれない。
そして、俳優は若手のリアム ヘムズワース
の演技がイマイチグッとくるものがなかった
感じがした、なにか演技力が薄いというのか
、ウイルスミスはギャラが
高すぎるためなどの理由で
今回は出演していない。
主役が兄の方がやはり、演技力高いので
インディペンデンスデェイリサージェンスも
ヘムズワース兄であれば
もっとよかったであろうと感じた。
今回のインディペンデンスデェイは
重みが少く、やはり
シリアス感がなくなっている。
さらっとした感じのインディペンデンスデェイ
と思った。
アクション展開やシナリオは
今までのインディペンデンスデェイと
ほぼ同じ展開であり
グラフィックや
空中戦闘シーンなどはよかったのではないかと
思うので良ければ♪

タイトルとURLをコピーしました