映画2:22 感想 主演は世界で最もハンサムな顔1位のミキール・ハースマン/Michiel Huisman 恋人役にテリーサ・パーマー

映画
この記事は約4分で読めます。

スタッフ

監督 ポール・カリー

制作 

スティーブ・ハッテンスキー 

ジョディ・マッタ―ソン

ブルース・デイビ

制作総指揮

チャーリー・オキャロル

デビッド・ウィーリー

トッド・スティン

ローレンス・イングリー

ラルフ・カンプ

脚本

ネイサン・パーカー

トッド・スティン

撮影

デビッド・エグビー

美術

ミシェル・マクガヒー

キャスト

ミキール・ハースマン

テリーサ・パーマー

サム・リード

ジョン・ウォーターズ

リチャード・デイビス

メーブ・ダーモディ

ケリー・アームストロング

ストーリー

優秀で規律正しい

航空管制官のディランは

毎日 悪夢にうなされ

そのせいで 大きなミスを

おかしてしまう

その悪夢は午後2:22

ニューヨーク

グランドセントラル駅

発泡事件が おこる不吉な

悪夢で 毎日 彼を 悩ませる

そんな中 ディランは

サラという美しい女性に

恋をする

偶然にも

誕生日も 生まれた年も同じ

であった

しかし

サラの勤めていたギャラリーで

自分が見ている悪夢とおんなじ

映像を展示会で見てしまう

その映像をみた

ディランは

サラの身に危険が

降りかかると

確信する

そのギャラリーの展示は

サラの元恋人のジョナス

のものであった

彼女を助けようとするディランと

ディランを

信じられないでいるサラ

ディランは彼女 サラを

護るために

午後2:22の時間の

謎との戦いに挑む

感想

運命的な出会いが 二人を 導き出す

偶然の出会いが 実は 運命的な ものだった

元彼女 と いい雰囲気に なって 外に出て

誕生日 プレゼントに バレエのチケットを

もらうのだが それは 新しい人と見に行ってという

意味だった

しかし

そのチケットで

同じく 一人で 来ていた 美しい女性にディランは

恋をしてしまう

もちろん ディランは

ショーのあと 声を かけようとする

しかし ディランも おそるおそるで

丁寧に低姿勢に 接して 話していく ところが

好印象で 誠実的な印象が 

さわやかで 嫌味がない

男が 見ていても まったく 嫌味がない

ラブストーリーの展開は さらに 進んでいく

しかし ディランは 毎日 同じ 悪夢に 悩まされていた

そんな ディランを 彼女 は すごく 心配していた

彼女 も 仕事 の プロジェクトが 忙しく

ディランは 悪夢が 現実と どうこうと 言いだし

彼女もディランが 錯乱しているのでは

ないかと 距離 を おこうと するのだが

二人の関係は 相当な亀裂を

うんでしまう

しかし 彼女は 涙を流して でも 彼のことが

心の底から 愛しているの と 悲痛な 泣き顔を

浮かべる

ディランの 悪夢 と の関係は?

運命的な 二人の出会いが

まさか こんなことに なるなんて

すごく 驚いた

ストーリー自体の ピュアさ ナチュラルさ

出会った はじめの頃からの 新鮮さ

はじめて 知り合った 時 恋人同士は なにを

していても 幸せな 時間を 感じさせてくれる

この ラブストーリーが ただの ラブストーリーで

ないところに 特別な感情を 感じさせてくれる

ラストでは サプライズのまた サプライズで 

感動させてくれる

映画自体は ピュアで 恋人になった初めの初々しさを感じさせてくれる

シチュエーション

涙を流しての亀裂の時間

ほんとに 上手に 構成されいる

ラブストーリー映画で 

心に ジワッーと くる

しかし 悪夢と 謎が 二人の関係に

大きく関わっている こと

なぜ 偶然が さらに 偶然となりディランとサラは 出会ったのか?

その謎の面白さ 

映像も 美しい ラブストーリー映画 

サラ役には 映画アイ・アム・ナンバー4 

魔法使いの弟子のテリーサ・パーマー(Instagram teresapalmer)

よかったら

タイトルとURLをコピーしました