映画 リベンジ・リスト 感想

この記事は約2分で読めます。

監督チャック・ラッセル
キャスト
ジョン・トラボルタ
クリストファー・メローニ
アマンダ・ジュル
サム・トラメル
パトリック・セント・エスプリト
レベッカ・デモーネイ
アサンテ・ジョーンズ
ポール・スローン
ルイス・ダ・シルバ・Jr
ジョーダン・ウェーレン
ジェイデン・ブレイク・コクラン
キャロライン・ケイン
フォルテ・シャノン
監督はマスクやイレイザーの
チャック・ラッセル監督。
しかし!
期待していた豪華さはなく。
テレビドラマをそのまんま
映画として作ったような出来で。
ド派手なアクションはなく。
テレビドラマのようなシーンである。
俳優のギャラにコストが
かかって 迫力が
イマイチでコストダウンされた
映画と 個人的に感じた。
他の復讐系映画に比べると、
こちらは、一昔前の映画か
テレビドラマシリーズの1場面を
見ている感じである。
パッケージにつられて
見るとコストをおさえられた映画
であったということに
がっかりしたが
、アメリカドラマや
ひと昔前の映画を
見ていると思えば
なんとか、ラストまで
見れるのではないかという
感じの映画である。
ストーリー自体は コストさえ
大きくかかっていれば
大作のストーリーと
同じ感じになっていたかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました