映画 ザ ・キング・ オブ・ ザ・ ストリート 感想

この記事は約1分で読めます。

監督 脚本 主演
ユエ ソン
ブルースリーのジークンドーを継承する
ユエ ソンによる映画。
キャストもみな本物の格闘家で
しかし、やはりブルースリーを超えることは
できなかった。
自分も格闘は好きな方で
ブルースリーの方が
もっと技が多彩であったのと
キレが
やはりブルースリーの方が
凄まじかった。
ブルースリーは相手の攻撃が届くまでに
こちらがカウンターですでに当てている
そのようなキレがなかった。
さすがに、低コスト映画であることが
もったいないと、感じた。
全てをユエ ソンが監督も主演も
したことで
単調な感じになってしまっているのである。
監督がもっと別の
いい監督でコストも
もっとかけれて、
他の本物の格闘家も自分の持ち味を
いかせきれてないので
今後に期待したいところである。
監督や武術演出家を加えコストも
大きくかければ、きっと今後面白くなるのでは?と、感じた映画で
ヒロインがかわいらしい感じなので
よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました