映画 ループ時に囚われた男 感想

映画
この記事は約4分で読めます。

監督イシュティ・マダラース
ディーネシュ・サーラズ
ドリナ・マルティノヴィチ
ジョルト・アンゲル

ハンガリー映画

同じ時間を何度も繰り返す

時間軸を自分が何度もさまよう映画

である。

コスト自体は そんなにかかっていないが

謎的要素のストーリーと

終始 シリアスな展開がつづく

派手な演出はなく

主なキャストは主人公 恋人 父 

自分のボス(悪人)で

あとは周りの人たちで 展開する

じっくりと みないと

だめで ちょっと 気をそらしてしまうと

この映画の 面白さとかは 感じられなくなってしまうので

いかに じっと 見続けるかが 入り込む

ための 要点である

感覚的には 映画バタフライ・エフェクトに

影響を受けているのではないかと 感じる

時間の軸を何度も繰り返す

それは なぜ おきてしまうのか?

しかし

見ていくと わかるが

次第に 主人公の気持ちや

心が 彼女への 愛へと

変わっていく

不思議なことに

見ていると これは

恋愛映画なんだと

きづく

見ていくうちに

こちらも 映画の中の恋人への

感情が でてくる

次第に こちらも

がんばれ 負けるなのような

気持ちとなり

謎を 解き明かしてほしいと

感じてくる

自分の時のなかで

同じことが 繰り返される

そのうち 同じ時間のなかで

もう一人の自分の存在にきづく

そして その うち出くわすことに

なるのだが

いったいどうなるのかは

言わないとして

はたして 彼女を救うことは

できるのか?

悪人のボスとの

決着は どうなるのか?

エンディングについては

まさかの

サプライズがあり

個人的に

エンディングみたいな自体になったとすると

たぶん 精神的 参ってしまうのではないだろうか?

映画自体は

やはり ハンガリー版バタフライ・エフェクトと

いって まちがいないが

つくりや 中身のストーリーは

別物なので

おすすめとしては

女性にも 恋愛映画として

見れるもので

男性にも 見れるので

カップルで みても

面白いかと 思われる

この映画の謎解きは

キーは

愛する人が

謎を解くカギだった と

感じたが

しかし

ラストの あの状態から

まさかの展開で

あのあと どうなってしまったかは

さだかでないが

無限の文字

数字で 書けば

8の字だか

これが

味つけとなっているとは

面白いと 感じた

タイトルは

ループ時に囚われた男

タイトルも 内容のとおりで

サスペンス ラブ ハンガリーの

テイスト

キャスト の演技力

ハンガリー版 バタフライ・エフェクト

ハンガリーテイスト シチュエーションが

感じられるいい 映画 作品

であったので

よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました