映画 孤狼の血 感想

映画
この記事は約3分で読めます。

原作 柚月裕子
監督 白石和彌
キャスト
役所広司
松坂桃李
真木よう子
音尾琢真
駿河太郎
中村倫也
滝藤賢一
矢島健一
田口トモロヲ
井上肇
滝川英二
沖原一生
さいねい龍二
中山峻
黒石高大
嶋田久作
勝矢
野中隆光
田中偉登
ウダタカキ
九十九一
岩永ジョーイ
町田マリー
伊吹五郎
MEGUMI
中村獅童
竹野内豊
ピエール瀧
石橋蓮司
江口洋介

柚月祐子の2015年 小説「孤狼の血」を

映画化したものであるということで

カラーは昔の仁義なき戦いを

今風 現代版にした イメージした

感じで バイオレンスな映画

腐乱した○体も だしてくる

カラーや 味つけは

若者も観れる 仕上げにされていて

たとえば 北野武映画のような

静かでこわい シリアス感な極道映画ではなく

トレンディーな極道映画という感じである

イメージは役所広司が

いつもの あの乱暴な役柄で

極道担当の刑事として

演じているが

ほぼ 極道の役柄である

映画全体としては 役所広司のカラーで

染められている

極道映画としては 江口洋介や

竹野内豊など

恋愛ドラマ出の俳優が

キャストされていて

トレンディーなイメージが

感じられてしまうのだが

勢いをつけて はくをきかして

演じていた

やはり こういった 極道映画は

何度も何度もやりこんだ

ベテランの域になるまで

役のキャラが 定着しないとだめなのかもしれない

ストーリーは 後半が

あのような 状態となったのは よかったが

もうちょっと つなぎの場面が

欲しかったようにも 感じた

松坂桃李が 最近 他の映画でも

かなり 出演していて 松坂桃李の役がらの強さが

結構 出ている感じで 映画 孤高の血でも

ほぼ主役の 役

演技力は 他のタレントのような位置の俳優とは

違い 役者としての力や 存在は 大きい

昭和の極道映画ふうには つくられているが

やっぱり 今風のトレンディーな映画のカラーの

方が 感じられたが ストーリー的にも

単純には つくられていない どうなるのかな?

という 次の シーンが よめないとこは

よかったと 感じた

真木よう子が 谷間を ぞんぶんに みせるシーンは

女優の本気度を感じた

ピエール瀧は 北野武映画 アウトレイジにも でていたが

こちらでも 同じ系統の役として 登場

シーンで 養豚場のシーンが 多かったので

しつこい感じがしたので もっと 他のロケ現場を

チョイスしてほしかったと も感じた

映画帝都物語で一世を風靡した 嶋田久作が 極道役で でてきて

自然な感じで なかなか 驚かされた

監督は 映画日本で一番悪い奴ら の白石和彌

その映画は みていないので 次回 見てみたいと 思えた

こんな感じで 極道やバイオレンスの

映画を もっと 今後も 作ってほしいと 思えた

映画 孤狼の血 であったので

よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました