映画JOKER感想評価 映画ジョーカーには謎があるラストシーンの謎についての見解 

映画
この記事は約4分で読めます。

監督トッド・フィリップス

脚本

トッド・フィリップス

スコット・シルヴァー

原作

ボブ・ケイン

ビル・フィンガー

ジェリー・ロビンソン

制作

トッド・フィリップス

ブラッドリー・クーパー

エマ・ティリンガー・コスコフ

制作総指揮

マイケル・E・ウスラン

ウォルター・ハマダ

アーロン・L・ギルバート

ジョセフ・ガーナー

リチャード・バラッタ

ブルース・バーマン

出演者

ホアキン・フェニックス

ロバート・デ・ニーロ

サジー・ビーツ

フランセス・コンロイ

マーク・マロン

シェー・ウィガム

ビル・キャンプ

グレン・フレシュラー

ジョシュ・パイス

ダンテ・ペレイラ=オルソ

ブライアン・カレン

リー・ギル

ハンナ・グロス

シャロン・ワシントン

エイプリル・グレース

ソンドラ・ジェームス

マーフィー・ガイヤー

ベン・ウォーハイト

キャリー・ルイーズ・パト

フランク・ウッド

ザジー・ビーツ

ブレット・カレン

ダグラス・ホッジ

ブライアン・タイリー・ヘンリー

マシュー・ロード

音楽

ヒドゥル・グドナドッティル

撮影

ローレンス・シャー

編集

ジェフ・グロス

映画JOKERのラストシーンは

多くの人に謎をよんでいる

それは

ラストシーンが

真実を話したのか

それとも ウソ 妄想を話したのか

ということで

すべてが 妄想説と

とらえる

考えかたを するひとも

いる

何度も観に行った人で

そういう考えを推測してる

しかし

自分の感想では

一部は 妄想だったが

大部分は JOKERの真実であったと

考える

たしかに ジョーカーの

病的な妄想シーンだった シーンも

ある

しかし

この映画での ジョーカーは

あくまでも 主人公で

その

ジョーカーが

わざわざ

大部分を 妄想や ウソをついて

すべては作り話とすることは

ないと

感じる

もともとは 本当に 真面目で

真人間で

病気のせいで

急に笑いだしてしまう病を

かかえているために

不運に

みまわれる

しかし

その病も こどもの時に

極限のストレスに

よるもので

どんどんどんどんと

悪い ことが

彼にふりかかっていき

そして

ある時

それは

おこってしまう

しかも

その事態も また 不運に

おこる

 

このストーリー自体は

ジョーカーが主人公なので

当然 ジョーカーが

主人公たる ように

ストーリーは

つくる

 

ので

ジョーカーが

全部 ウソや妄想を

言ったとすれば

ジョーカーというキャラクターが

カッコ悪くなってしまうので

それは

ないと考えられる

 

こんなツラいことを 経験してきた

大部分の

ことを 話して

それを 笑い話のように

語るほうが

カッコいい

 

なので

 

ジョーカーの話は

妄想シーン以外は

すべて 本当のことと

とらえられる

 

ジョーカーを 演じたのは

ホアキン・フェニックスで

兄は 今は亡き

映画スタンドバイミーなど

スタンドバイミー以後

時代のトップ俳優となった

リバーフェニックス

 

ホアキン・フェニックスの

演技は 鬼気迫るもので

からだも 極限まで体重を

落として

役に たましいをかけている

 

背中の骨はうきあがり

肩甲骨なんかは

とんでもなく

隆起していて

ジョーカーの不気味さ

気味悪さを にじみだし

また ジョーカーの

そういった不気味さ気味悪さとは

逆にピュアすぎるがゆえに

彼の世間に

対する 真面目に

誠実に対応しているのに

その真逆の冷たい

世間からの対応に

対する思いや考え

 

ストーリー自体のリアルに

ふった描写は

より シリアスにリアルに

ふっていて

ヒューマンドラマに

サスペンスを

入れた 仕上がりとなっている

 

ホアキン・フェニックスの

自身の演技では

あのロバートデニーロ

巨匠とも ひともんちゃくあった

ということで

ロバートデニーロが

こうしたらいいじゃないか!?

と言ってるのを

ホアキン・フェニックスは

絶対に 自分の意見を

曲げずに

デニーロとのシーンを

何十回も 取り直し

自分が

納得いくまで

あらゆる

シーンを

撮り直しつづけた

 

映画全体のつくりが

バットマンなどの

ヒーローものや

華やかなアクションなどではなくて

ヒューマンドラマ

サスペンス

狂気

少しのミュージカル要素

映画の撮影カメラのアングルや

ホアキン・フェニックスの

鬼気迫る演技

謎のラストシーン

妄想という 二転三転する

要素

バットマン誕生の裏話

母の写真の謎

母の写真の謎にかんしては

本当に どっちとも

とらえられる証拠

 

映画 JOKERは

コストてきには

大々的な映画としては

低めだと

思われるが

それらの要素が

密接に重なりあって

映画としての

重さ 良さを

出している

 

タイトルとURLをコピーしました