映画 クライムスピード 感想

この記事は約1分で読めます。

映画戦場のピアニストのエイドリアンブロディ
映画スターウォーズのヘイデンクリステンセン
最初から中盤にかけてはダラダラとしていて
失敗したかなーと
思っていたら
終盤で急に製作費が
ドーンと上がった感じで
ストーリーがどうも、
自分的にはもやもや感が
多く
映画のパッケージのさわやかで
ドカーンみたいな感じではなく
もやもやとした展開で
もやもやとした映画としては
印象が残るが
面白さとしては自分の個人的感想は
もやもや感が強かったなあーという感想で
抜けきれない映画だったというのが個人的感想で
もっとスッキリ さわやかにドカーンという
ものを求めていたので
ブラックテイストな味付けとなっていて
ちょっと見るのが疲れてしまったというのが
正直な感想。

タイトルとURLをコピーしました