映画 コインロッカーの女 感想

映画
この記事は約1分で読めます。

監督ハン・ジュニ(脚本 サイコメトリー残留思念)
キャスト
キム・ゴウン
(映画ケチュン御婆 奴が嘲笑う メモリーズ追憶の剣
その怪物 ウンギョ)

キム・ヘス(映画風林高 タチャイカサマ師 グッバイシングル
観相師 10人の泥棒たち 赤い靴 ドクターK
浮気日和 モダンボーイ )

パク・ボゴム(映画バトルオーシャン海上決戦 チャ刑事 ブラインド)

コ・ギョンピョ(映画ハイヒールの男 背徳の王宮 7年の夜 ワーキング・ガール)

オム・テグ(映画密偵 ミッドナイトFM)

キムゴウンの演技力がいい♪

映画内では純粋な1面を表現し

演技力が素晴らしい

元々の素なのか、それをうまく演技力に

かぶせてきてるのか?

兎に角売れっこ女優

数あるヒット作にでている。

映画その怪物

ではイミンギのとんでもなく

強い狂気男と妹を失った物凄く強い姉役を素晴らしい

演技力で表現

今回も

狂気な映画に出演

今回の作品も

ドン底からの暗黒社会を生き抜く姿、

シリアスで 鬼気迫る内容 

冷酷非情 恋 家族

弱肉強食 裏社会 ヒットマン

映像も隙のない構成

スケール感 映像美

韓国映画で 記憶に残る一級のダークな作品

であったので 観る価値はじゅうぶんにあり

おすすめ♪

 

タイトルとURLをコピーしました