映画 シビルウォー/キャプテンアメリカ 感想

この記事は約2分で読めます。

監督ルッソ兄弟
主役キャプテンアメリカ役の
クリスエヴァンスは2006年に
ジェシカビールと二年間ほど交際していた。
ジェシカビールは
セルラーや
リメイクのトータルリコール
テキサスチェーンソー
ステルスなど
数々の大ヒット映画に出演している大女優である。
エミリーヴァンキャンプ
(映画リング2)
トムホランド( 2017スパイダーマン でパーカー役)
ロバートダウニージュニア(ハリウッドで現在、最高報酬の俳優。
あのサラジェシカパーカーと十数年前に同棲していた時期あり、
最近では年間76億や99億の報酬。
現在スーザンダウニー(元シルバーピクチャーの副社長)の映画プロデューサーと独立会社にて家庭円満である)
今回のキャプテンアメリカは
新しいキャラにブラックパンサーが登場する♪
今後、ブラックパンサーも映画化される模様♪
シビルウォーは
期待しすぎていたせいか、
ストーリー的にはモヤモヤ感が
残る。
最近のストーリーの流れなのか、
どうもヒーローの苦悩、被害者の目線に
焦点を合わしているようである。
リアルに焦点を近づけているようである。
海外のマーベルの漫画のストーリーが
そのような内容のものであるのか?
海外のアニメであると
スパイダーマンがあり、そのアニメなどの
ストーリーがそのような感じであるのか?
個人的には
やはり、
大ボスを設定してもらいたかったのが
本音で、
ストーリー的には、
ややモヤモヤする内容となっていて、
スッキリとしない。
戦闘シーンは
中盤まではよいのだが
ラストあたりが、
抜けきれない
ものとなってしまっている。(ここは個人的意見である。)
コスト的には、
かなりな制作費がかかっているのは
間違いなく、
何せ、一番ハリウッドで報酬を貰っているロバートダウニージュニアが
出演しているので
コストは相当である。
見た方が良いのは確かである。
期待せずに
見た方が逆に
面白くなったりするかもなので
よかったら♪
個人的には次回の作品に期待へ♪

by カエレバ

タイトルとURLをコピーしました