映画 運び屋 感想 評価 クリント・イーストウッド

この記事は約4分で読めます。

監督クリント・イーストウッド(1930年5月31日生まれ)
キャスト
ブラッドリー・クーパー
(アリー/スター誕生 バンクオーバー消えた花ムコと史上最悪の二日酔い)
ダイアン・ウィースト
タイッサ・ファーミガ
マイケル・ペーニャ
アンディ・ガルシア
ローレンス・フィッシュバーン
イグナシオ・セリッチオ
マニー・モンタナ
ローレン・ディーン
ヴィクター・ラサック
クリフトン・コリンズ・jr
ロバート・ラサード
ジル・フリント
ロボ・セバスティアン
ノエル・グーリーエミー
リチャード・ハード

クリント・イーストウッドといえば ダーティーハリーで

大ヒットした俳優 そのクリント・イーストウッドも

1930年5月31日生まれ で89歳

監督兼 出演で も数々の ヒット作品を 生み出している

今回の映画も 製作費自体は かかっていないように

みれた 映画なのだが トレンド俳優を 起用し

映画に 深みを あたえている

アンディ・ガルシアや映画マトリックスに出演の

ローレンス・フィッシュバーン

マイケル・ペーニャ

ブラッドリー・クーパーなど

キャストが 演技力と個性の強い

配役と なっている

タイトルのとおり クリント・イーストウッドが

ひょんなことから 麻薬組織の運び屋を

うけてしまう

しかし センスや独自の感覚で 運び屋としての

才能を開花させる

しかし ことは 順風満帆とは 行かず

展開は 変化していく はたして 運び屋としての

クリント・イーストウッドは無事に

生き延びることが できるのか? それとも?

映画のストーリーの流れや構成は

本当に 秀抜で 監督クリント・イーストウッド

の もっていきかたは 凄いと 感じた

演技力にしても たとえば おどおどしている

演技力や 強気な頑固なところ

家族を おきざり 犠牲にするような頑固さの表現

演技力 不器用さの表現 演技力

そして 最後のラストシーンの もっていきかた

エンディングへの つくり

観客を 映画の中に 入りこませる技術力

老若男女問わず みれる 映画

なので よかったら♪



 

タイトルとURLをコピーしました