映画 13時間ベンガジの秘密の兵士 感想

この記事は約1分で読めます。

監督マイケルベイ
実話の映画らしく
アメリカ領事館が
集中砲火にあい
これでもか!これでもか!と
次から次と!!?
出だしは
アメリカ兵士のよくあるブラックジョークなどから
ストーリー展開していき
兵士の家族を残してや
家族を思うシーンや
実話の兵士の気持ち、
しかし、マイケルベイ
トランスフォーマーなどの
戦闘シーンもあるとおり
戦争映画としての戦闘シーンは
迫力である
そして、マイケルベイのトランスフォーマーなどを
見てわかるとおり
これでもか!これでもか!と
戦闘シーンが盛りだくさんで
ずっーと
迫力シーンが続くのである
最後は自分もぐったりで
戦闘シーン盛りだくさんな迫力シーン満載の
映画であるので
よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました