映画スノーデン 感想

この記事は約3分で読めます。

監督オリバー・ストーン
キャスト
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
シェイリーン・ウッドリー(映画ダイバージェント主演女優)
ザカリー・クイント(映画スタートレック2代目スポック)
ニコラス・ケイジ(わき役)
メリッサ・レオ
スコット・イーストウッド(クリントイーストウッドの息子)
トム・ウィルキンソン
リス・エヴァンス
ティモシー・オリファント
ジェリー・リチャードソン
ベン・シュネッツァー
キース・スタンフィールド
ジェームズ・バトラー
ローガン・マーシャル=グリーン
パーカー・ソヤーズ
マイケル・ベンツ
クリスチャン・コントレラス
Nina Podolska
マリソル・コレア
映画の制作費用がアメリカから
でなかったため、
イギリスとドイツの出資により
制作された
映画で
また主演のゴードンは自分のギャラを
全額寄付で
人々の権利のために
今後に役立ててもらえればと
願ってのことであるそうである。
ゴードンが演じたスノーデンは
元々国の重要機関に勤めていた人物で
国が人々のプライバシーを
侵害していると暴露した
人物で その後ロシアに亡命した
一時期 ニュースで大々的に
放送されたことを
題材にした
映画である。
映画自体は派手な演出は
なく、ほとんどが
スノーデンの恋人とのなり染めや
進展 また危機感が
演出された映画である。
キャストが
ニコラス・ケイジや
スポック役のザカリー・クイントなど
大物キャストが出演している
主演のゴードンと同じ気持ちであると
感じた。
自由の国アメリカでなければ
いけないという 気持ちが
強く感じられた
社会問題 映画であった。
内容は恋愛のシーンも
多く取り入れられ
恋人と見ても社会問題を広く
知ってほしいというつくりになっている。
よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました