映画キングダム感想  漫画KINGDOM 実写化

映画
この記事は約5分で読めます。

監督佐藤伸介

キャスト

山崎賢人

吉沢亮

橋本環奈

本郷奏多

長澤まさみ

高嶋政宏

石橋蓮司

大沢たかお

坂口拓

六平直政

要潤

宇梶剛士

加藤雅也

阿部進之介

満島真之介

深水元基

橋本じゅん

時代背景は 中国の春秋戦国時代 紀元前245年

中華西方の秦の国で 戦争によって孤児となった

信(シン) と 漂(ヒョウ)は 奴隷として はこばれる最中に 

軍勢をひきいた 神々しい天下の大将軍を 見た

二人は 天下の大将軍を 夢見て 奴隷の

身ながら 日々 剣術や鍛錬にはげんでいた

しかし 道中 通りかかった王都の大臣 昌文

がヒョウを見て 王宮に来るようにと

シンは 呼ばれず

ヒョウだけが 王宮へと 招かれた

そして シンは 必ず 自分も のしあがると

より いっそうの剣術の鍛錬 修業に

奴隷の仕事をこなしながら はげんでいたのだが

しかし 事体は 思わぬ 方向へと 展開していく!

全体的に 格闘アクションの 要素が つよく

ステージごとに 強敵が あらわれる

その強敵と あうごとに シンは

成長していく

ストーリーの展開では

シン自体に 本当に通用するのか

疑問な 感じで

勢いは いいのだが

強敵に 通用するのか?

などと 感じるのだが

驚いたことに

他の助けも ありながら

通用していく

ヒロイン役には

橋本環奈が

変な着ぐるみを着た

状態のまま 進行していくので

ユニークだ

ショートカットヘアーなので

橋本環奈とは

気づかず

映画を見終わったあとに

調べると 橋本環奈だったので

ショートヘアーのほうが

似合っていると

感じる

クリクリした

目など

フレッシュな感じで

かわいこぶりっこしていない

ボーイッシュな役柄も

好印象であった

もう一人のヒロインに

最近は映画出演の多い

長澤まさみが

これまた 男勝りなつよい役柄で

女らしくしていない

ところが

好印象だった

この点は 女性にも

受けるのではないかと

感じた

悪役に 王の弟役の本郷奏多は

迫真の演技で

顔に悪役たる毒々しさが

でていて

かなり 魅了された

今後も 悪役で

演技キャストされるのではないかと

好演技である

悪役の左慈役に坂口拓

坂口拓はベテランアクション俳優で

独自の戦闘術ウェイブや

自称現代の忍者と

称していて

アクションは 素晴らしく

有名なアクション映画での出演には

VERSUSなど

俳優から監督 戦闘術も

している

本作品で大将軍役に

大沢たかおが

キャストされているのだが

しゃべり方が

おネエ口調だったのが

すごく 気になった

この点は 本家のマンガが

そういう設定なのか?と

本家の漫画を知らないので

また 見てみたいところである

ベテラン俳優陣には

石橋蓮司 加藤雅也 宇梶剛士

高嶋政宏と 映画に

重厚感と 渋さをかもし出している

とくに石橋蓮司の 悪役としての役柄

は 映画の中心的な役割を担っていて

ひきつけられる

映画の規模としては

日本映画では

スケールが

結構むずかしいところなのでは

と 感じるが

軍勢を感じる戦闘シーンや

海外の映画にも

ひけをとらない 出来映えで

スケールも

よかった

監督は佐藤伸介 映画GANTZ  図書館戦争 アイアムアヒーロー など

やはりGANTZも 漫画であったので

キングダムをてがけたのは

納得である

映画KINGDOM よかったら

 

タイトルとURLをコピーしました