映画マッド・シティ 操作された都市 感想

この記事は約3分で読めます。

監督パク・クァンヒョン
脚本パク・クァンヒョン オ・サンホ
撮影ナム・ドングン
アクション監督チェ・ボンロク
キャスト
チ・チャンウク
シム・ウンギョン
オ・ジョンセ
キム・サンホ
キム・ミンギョ
キム・ギチョン
アン・ジェホン
冒頭から 迫力の戦闘シーン
これは 凄い 当たりか!!
と ちょっとの間 迫力シーンから
一転 ゲームの世界でのことで
あったと これで
もう 迫力シーンおわって
パロディー系のストーリーで
いつものトレンディー俳優のための
映画なんかなあーと
ガックリしていたら!!!
ストーリーが
どんどんどんどん深刻な方へ!
これは 韓国特有のいじめて
いじめていじめてのストーリー
すごい つらくなっていき
見ている こちらも 涙がにじみでてくる
いったい 誰が!!
なぜ こんな酷いことに!
すごい シリアスになっていき
表現としては
韓国映画 容赦ない えげつない
仕打ち
さすが これが 日本の映画にはない
日本ならば
物議をかもして
バツとされてしまうような
内容
ストーリーは
どんどん 急展開へ
ずっーと
いじめて いじめて いじめて いじめてと
ずっーと ボロボロになっていた
主人公が 驚きの方向へ
全体見終わって
この 映画の監督は
素晴らしい
主役のチ・チャンウクの演技力や
運動神経も 見事な表情
キャストの演技力も キャラクターも
素晴らしく
こんだけ えげつない いじめが
あるのに
エンターテイメントとしての
笑うところもあり
迫力もあり
ストーリーのサプライズ感もありで
まさに 今回 当たり作品!
久しぶりに韓国映画の面白さが
炸裂した♪
ヒロインの キャラも
美人で
ネットにずば抜けた天才で
シャイで 男っぽくもあり
女の魅力をだしていて
かなり イイー
映画での来日でのコメントでは
映画の時とは まったく違う
明るい感じのお嬢さんなのに
映画では まったく違う感じで
驚いた
制作費も たぶん かなり
かかっているであろう
内容
韓国映画で 今まで 見てきた中でも
上位に位置する面白さ
自分がみて
当たり作品
本当に手抜きされていない
抜群のエンターテイメント映画
これは 韓国の映画の
トップクラスの
映画だと感じた
是非 オススメ♪
主演のチ・チャンウクは
日本のアニメ映画君の名は。
の韓国坂吹き替えで主役のタキ役の
声優をしている
他出演している映画は
スクリーンビューティー(2008)
コ死2(2010)
男子取扱説明書(2013)
にも出演している

タイトルとURLをコピーしました