映画レッド・ダイヤモンド感想

この記事は約1分で読めます。

監督マックス・アダムス
出演
マーク=ポール・ゴスラー
ブルース・ウィリス
クレア・フォーラニ
リディア・ハル
ジェナ・B・ケリー
ジョン・ブラザートン
今回もブルース・ウィリスは
限定的出演で悪役のボス役、
映画のイメージは
明るい陽気なアクションで
リアリティは
少ないが
陽気なアクション
entertainment映画となっている。
バックBGMは大きめで
テンポよくアクションが展開していく、
イメージとしては
どことなくポールウォーカーテイスト
を感じる
ストーリーも明快で
何も考えず
ブルース・ウィリスの役のテイストや
セクシーなシーンなどは
少ないが女優のもつテイスト、カラーで
印象に残り
個人的には
ライフルの狙撃手の女優が
役柄にも弾けていてて女性にも好感
モテると思われ
良かったと感じた。
何も考えず
レベル的には
ド派手なアクションは
控え目だが
楽に見れるentertainmentアクション映
画であるので良かったら♪

タイトルとURLをコピーしました