映画 お嬢さん 感想

この記事は約1分で読めます。

監督パク・チャヌク
キャスト
キム・ミニ
キム・テリ
ハ・ジョンウ
チョ・ジヌク
キム・ヘスク
感想としては
韓国のセクシーな絡みありの
物語で
俳優は数々のヒット映画に出ている
売れっこハ・ジョンウ
女優は映画 泣く男でチャン・ドンゴンと
共演したキム・ミニ
キム・テリとの
セクシーシーンは
見せ場でもある。
しかし、韓国俳優、女優とも
日本語が たどたどしく
あきらかに日本語は
ほぼ しゃべれないと感じる。
練習して セリフとして
たどたどしく喋っていたので
仕方ないものとして
女優のキム・テリが一番 しゃべれて
いた様子であった。
ストーリー的には
女性目線のストーリーに
仕上がっていたと
感じた。
男性目線よりも
女性目線映画。
ストーリー的に、そうなるかーと
思ったので それが
映画の面白さになったと
思うのでセクシーな
ストーリー基調の映画を
よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました