映画TENET (テネット)感想 クリストファー・ノーラン 時間と謎を解く秘密 TENETの言葉の秘密 ニールの秘密(さわり)

映画
この記事は約5分で読めます。

監督クリストファー・ノーラン

音楽ルドウィグ・ゴランソン

キャスト

ジョン・デヴィッド・ワシントン
(デンゼル・ワシントンの長男
元アメリカンフットボール選手
ブラック・クランズマン)

ロバート・パティンソン
(ハリー・ポッターと炎のゴブレット
トワイライト リメンバー・ミー
グッド・タイム ザ・ライトハウス)

エリザベス・デビッキ
(華麗なるギャッツビー
コードネームU・N・C・L・E
エベレスト3D ヴァレリアン千の惑星の救世主
ジェニーの記憶 ロスト・マネー偽りの報酬)

ケネス・ブラナー
(フランケン・シュタイン ワイルドワイルドウエスト ハリー・ポッターと秘密の部屋 マイティ・ソー
オリエント急行殺人事件)

アーロン・テイラー=ジョンソン
(アポカリプス黙示録 キック・アス
キャプテン・アメリカ/ウインターソルジャー
GODZILLA ゴジラ)

クレマンス・ポエジー
(ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ヒットマンズ・レクイエム
127時間 ティートとエイリアン)

ディンプル・カパディア
(インドの女優

マイケル・ケイン
(ダークナイト・ライジング
インセプション キングスマン グランド・イリュージョン)

感想

TENET テネット

この映画の面白さを知るには

YouTubeで

テネット メイキングを

見れば

真実がわかる

たとえば

この映画 とんでもなく お金が

かかっている

リアルを追及するために

本物の飛行機を

撮影に使い

しかも

建物に衝突させる映像を

撮ったり

しかも 予想以上に

建物に突っ込みすぎて

スタッフたちは あおざめたが

ギリギリ セーフだったことや

本物の高速道路8キロを

何日間も 封鎖して

撮影したり

この映画の すごいところは

秘密や謎解きが

いっぱいある ということ

ここでは

あえて面白く見てもらうために

秘密は ばらさないかたちで

説明すると

ニールの正体は

いったい 誰なのか!?

ということ

秘密は

ばらさないで

書いておくとして

これを

知った時は

まさに

驚きであった

まさかのまさかである

それに

ついては

調べずに

TENETを 見終わったあとに

真相を

しらべて もらえれば

面白さが じわるので

最初は

何も 調べず

「知らない方がいい」

という 映画の中のセリフの

ように

知らないまま

みた方が

断然 面白い

クリストファー・ノーラン監督は

昔から

スパイ映画が

凄く好きで

スパイ映画に 対する

強い思いや

意気込みが

映画TENETに

も反映されている

過去には

クリストファー・ノーラン監督の

映画ダンケルクが

あるが

断然 TENETの方が

仕掛けや

謎解き要素

また

見終わった後の

謎解き解決での

サプライズが

すばらしいので

TENET推し

と断言できる

もちろん

映画ダンケルクも

再び

見返して見たくなるほど

TENETのクリストファーノーラン監督

の 作り込み 謎解きが

盛り込まれている

映画の中では

建造物 建築物

レストラン

キレイな

場所での撮影が

多くロケーションされていて

インドの

ゲートウェイ・オブ・インディア・ムンバイ

ロンドンの

Locanda Locatelli

ロンドンの

Reform Club

エストニアのKUMI museum

ノルウェーのOslo opera house

エストニアのLinna hall

イギリス ロンドンのcannon hall

ノルウェーのThe Thief hotel

など

見栄えのいい

上質なロケ地が

映画に登場する

また

リアリティーを

追及する

ために

エストニア

ノルウェー

デンマーク

イギリス

アメリカ

イタリア

インド

の7ヶ国で

撮影したり

海のF1とよばれるヨット

最新式のF50フォイリングカタマラン

を使用したり

キャストの

エリザベス・デビッキ

ジョン・デイビッド・ワシントン

ロバート・パティンソン

ケネス・ブラナー

全員が

クリストファー・ノーラン監督

のやることは

アメイジング と 絶賛していた

また いろんな仕掛けが

多く

時間の逆行

巻き戻しのように

時間を進む(戻る)ことや

このラテン語の回文

は 映画の中の登場人物や

オペラなど

をひっくるめて

映画の中に投入されている

SATOR
AREPO
TENET
OPERA
ROTAS

文字をたてから読んでも

横から読んでも

同じ下から読んでも

1つの文字になる

そういった

仕掛けが

すごい

映画を

見終わったあとに

なぜ

そごで

その

状態になったかも

理解しにくいので

そこで

また

2度 見るなどの

噛めば噛むほど

面白さ

秘密が

でてくるところが

クリストファー・ノーラン監督の

スゴさである

また

デメリットでは

BGMの音で

俳優などの声や

吹き替えの声が

聞き取りにくくて

内容が

入ってこなかったと

いう コメントが

多くあったようだが

自分は

字幕で

見ていたために

その

心配は なかった

もちろん

一度

見ただけでは

最後に

謎のまま

終わってしまった

ので

また

調べたり

見返したりして

なるほど!

わかる

何度も

見れる

面白さが

あったので

難解に設定しても

あとで

理解できる

設定に

なっているところが

ツウ好みの

映画である

タイトルで

書いたとおり

ニールは

いったい

誰だったのか

これが

一番の

サプライズであったので

ぜひとも

オススメできる 映画なので

よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました