映画 アウトレイジ 最終章 感想

この記事は約3分で読めます。

監督 北野武
キャスト
北野武
西田敏行
塩見三省
大杉漣
ピエール瀧
大森南明
松重豊
名高達男
光石研
白竜
原田泰造
中村育二
津田寛治
金田時男
池内博之
岸部一徳

感想は

思っていたよりも あっさり

していたように

感じた

なので 個人的には

もっと サプライズいれても

良かったのではないか?

と感じた

しかし ストーリーは

どうなるのか 先が 読めなかったので

そこは さすがに 先を読ませない

面白さがあって

良かったと感じた

キャストが 中心人物を軸に

展開していたので

もっと 他のキャストのカラーや濃さを

出しても良かったと 感じた

西田敏行さんが

かなり 登場シーンが

多いので 他のキャストも

もっと 絡めて 欲しかった

ということも感じた

本作の塩見三省さんが脳出血からの

病気復帰での撮影のためアウトレイジビヨンドの時の

若々しい勇ましさとは うってかわって

最終章では かすれ声や大人しめの冷徹さへと

役柄をチェンジしていたのと

歩行も困難な状態での撮影 

西田敏行さんも 自宅ベッド転落

首の頸椎の負傷により

首が動かせない歩行困難な状態で

しかも同年に胆のう摘出手術もした時期での撮影となった

そして 大杉連さんの役は

関西出身ではなく関西弁を嫌い 標準語を話す

役柄だが 本人は関西の徳島県出身だということで

しかし その後のドラマ バイプレーヤーズの撮影後に腹痛を訴え そのまま

息をひきとった 急性心不全だったということで

映画 自体での裏の出来事が 想像を絶するものだった

俳優が 命をかけた こんしんのアウトレイジ最終章は

みる価値は かなり高いので

ぜひ おススメ

タイトルとURLをコピーしました