映画 DUNE/デューン 砂の惑星 感想 評価 キャスト

映画
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタッフ キャスト

監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ

ティモシー・シャラメ

ゼンデイヤ

レベッカ・ファーガソン

オスカー・アイザック

ジョシュ・ブローリン

ジェイソン・モモア

ハビエル・バルデム

ディヴ・バウティスタ

スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン

バブス・オルサン・モクン

チャン・チェン

デヴィット・ダストマルチャン

ステラン・スカルスガルド

シャーロット・ランプリング

ハンス・ジマー

シャロン・ダンカン=ブルースター

グリーグ・フレイザー

ニール・ベル

ベンジャミン・クレモンタイン

Peter Sztojanov Jr.

ストーリー

アトレイデス家の後継者ポールには 

未来が見える能力があった。

宇宙帝国の皇帝からの命令で

アトレイデス家は

過酷な砂の惑星デューン(その惑星を制する者が全宇宙を制すると言われている)へと移住するが

その命令は罠だった。

砂の惑星デューンで全宇宙支配をたくらむ宿敵ハルコンネン家との壮絶な戦いがはじまる

ポールの父アトレイデス公爵は殺され さらに巨大な化け物サンドワームが

遅いかかってくる砂の惑星デューンで

ポールは全宇宙のために 戦う

感想

はじめは スターウォーズのよう

な感じで 二番煎じのような

映画なのかと

イメージしていたが

実際は まったく

違うもので

ストーリーも

しっかりとしていて

シーンごとの

重みが 十分にあり

俳優の演技も

ひとつひとつのシーンに

強い感情が

込められていた

スケールも 狭い空間で

展開するのではなく

広大な砂漠や

空の下での闘いも繰り広げられ

いきづまることはない

主人公は特殊な能力

を母親

(特殊な能力を持つ修道院で秘密結社のベネ・ゲゼリットで育った)

から教わっていた

その能力を 主人公のポールが

まだ 身につけかけている

状況下で の出来事である

宇宙皇帝の命令によって

ポール一家は

砂漠の惑星アラキスに行き

管理するように言われるのだが

ポールの父であるレイ・アトレイデス公爵は

それが 宇宙皇帝の何かしらの

罠であると わかっていた

頭のキレる レト・アトレイデス公爵は

砂漠の惑星の原住民である

フレメンを味方につけようと

考えていた

砂漠の原住民フレメンであり

ヒロインを演じるのは

女優ゼンデイヤ(1996年9月1日生まれ)

で 映画では 身長は高くないように

見えるが

なんと180cmと長身

である映画スパイダーマン・ホームカミングでも

ヒロイン役を演じている

驚きなのは

スパイダーマン・ホームカミングで

主役のトム・ホランドと

交際中(2022年4月時点 )である

しかし

プライベートで恋人同士になら

ないでほしいとの製作者側

の意向もあり

( 破局すると映画撮影で支障をきたすために)

本人たちは 友達同士と

否定している

しかし車内で2人がキスしている

ところをパパラッチされている

ゼンデイヤはトム・ホランドの

ことを

すごく わたしを笑わせてくれる人と

言っている

主役のティモシー・シャラメ(ポール役)は

 

過去の出演映画で 高い演技力を評価されて

主役に抜擢された

テレビ番組などの出演では 明るく みんなを

笑わせる性格をしている

俳優陣は 豪華キャストぞろいで

元プロレスラーのデイヴ・バウティスタ(映画ガーディアンズ・オブギャラクシーなど)

ジェイソン・モモア(映画アクアマン 主役)

オスカー・アイザック(スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ポー・ダメロン役)

特にオスカー・アイザックはポールの父レイ・アトレイデス公爵役を

演じ 重厚で渋い演技をし 映画に強い印象を残した

監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ

映画ボーダーラインやブレードランナー2049など

大作を多く出している監督で

デューン砂の惑星も豪華な出来栄えと なっている

本作は前編でドゥニ・ヴィルヌーヴ監督も

デューン砂の惑星は 2部でないと 表現できないと

言っている

デューン砂の惑星パート2は 2023年に公開予定としている

シーンの重厚さ キャラクター一人一人の濃さであったり

ミステリアス 謎

緊迫感 スケール

おすすめの映画 

   

タイトルとURLをコピーしました