映画 スーサイド・スクワッド 感想

この記事は約2分で読めます。

監督デヴィッドエアー
デットショット/ウィルスミス
ハーレイクイン/マーゴットロビー1990年生まれオーストラリア出身 映画ターザンリボーンにも出演
Instagramも載せていて2016の12月に他の作品などの助監督の人と電撃結婚。
ジョーカー/ジャレッドレト
カタナ/福原かれん
スリップノット/アダムビーチ
リックフラッグ/ジョエルキナマン
アマンダウォラー/ヴィオラデイヴィス
ディアブロ/ジェイヘルナンデス
キラークロック/アドウェールアキノエ=アグバエ(1967年8月22日生まれ 出演映画コンゴ/
ボーン・アイデンティティー/マイティソー ダークワールド/遊星からの物体Xファーストコンタクト/G.I.ジョー/ハムナプトラ2
/バレット/キラー・エリート/ディープ・シー20000/アウト・オブ・タイムその他)
エンチャントレス/カーラデルヴィーニュ
感想としては、
まさにエンターテイメントの王道的な
出来ばえ♪
この映画では
ウィルスミスが中心的存在だが
なんといっても
ハーレイクインが
この映画の中心的存在で魅力となっている、
そして、ジョーカー
ジョーカーが、再びよみがえった♪
ジョーカー役ヒースレジャーがお亡くなりになったが
ジャックニコルソンもヒースに
ジョーカー役は精神も体力的にもきついからやめておいた方がよいと
忠告していたらしく
今作品でもジャレッドレトは役になりきっていたため
まわりとも別行動で撮影しており
ウィルスミスとは撮影時以外会うことはなかったらしい
それだけに
今回のジョーカーは神がかり的に
素晴らしく演じている。
映像技術も素晴らしく
美しい映像と
誰が見ても楽しめるエンターテイメント映画で
グロくもなく、フレッシュで
テイスト的には
バットマンのテイストも入っているが
また、別のアメコミテイストとなっていて
見て損なしのエンターテイメント映画であるので、よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました