映画 デッド オア ラン 感想

この記事は約2分で読めます。

監督ピーター・ビリングスリー

キャスト
ヴィンス・ヴォーン
(ズーランダー ロストワールド/ジュラシックパーク
サイコ ザ・セル Mr.&Mrs.スミス)

ヘイリー・スタインフェルド
(バンブルビー ラストミッション(リュック・ベッソン)
思い出のマーニー トゥルー・グリット
エンダーのゲーム ミッション・ワイルド)

ビル・パクストン
ジョナサン・バンクス
マイク・エップス
ジョルディ・モリャ
シェー・ウィガム
ジョン・ファブロー
ウィリアム・レビ
タラジ・P・ヘンソン
アナベス・ギッシュ
テレンス・ハワード

アイアンマンの製作総指揮をつとめた

ピーター ビリングスリーが監督

全米で大ヒットした

映画フォークリスマス(ヴィンスヴォーン×リースウィザースプーン)

のプロデューサーもつとめた。

主演ヴィンス ヴォーン

ヘイリー スタインフェルド

非常に面白いと感じた♪

アウトローの父

そして、疎遠だった娘との

逃亡劇。

全体的に見ても

明るいコミカルなところや

迫真のシーン

アウトローのサバイバルな面白さ

全体的に質がよい構成で

やはり、B級作品とは

まったく違う 面白さ♪

ストーリーが よく出来ていて

次の展開が どうなるのか?

とワクワクさせ

父親と娘の信頼関係が出てくる

ところに また 観てるものの

シンクロ率を高め うまく映画に引き込まれる

作品で

見て損なし

満足度も合格

面白いので よければ♪

タイトルとURLをコピーしました