映画 ラスト・リベンジ 感想

この記事は約2分で読めます。

監督ポール・シュレイダー
キャスト
ニコラス・ケイジ
アントン・イェルチン
アレクサンダー・カリム
イレーヌ・ジャコブ

ニコラス・ケイジが演じていたから、点数がついていたので、

個人的 勝手に点数つけると55点

内容はB級と普通の映画の間くらいのスケールで

個人的勝手な意見を言わせてもらうと、ニコラスケイジの

出演している映画は 製作費をおさえた作品と

とことん 製作費をかけた作品

そしてある程度 納得できる 作品と 

やや製作費をかけたが これ以上かけれない作品

今回の作品は 100点中55点もしくは それよりも

低いかもしれないという 内容で

やはり 低コストより といった方が よいかも しれない

あくまでも個人的な評価なので、

しかし 監督はポール・シュレイダーで

1974年に映画ザ・ヤクザの脚本をつとめるなど

1946年生まれのベテランで 昔ながらの中華そば的な

映画づくりで 派手にコストをかけない 製作費を

多くかけない ヒューマンドラマの要素が

大きいのかもしれない クライムサスペンスなど

の映画も多いので 延長線上のシナリオやストーリーに

なっている しかし

内容が 途中 コスト かかってない シーンなどは

内部 もめ 制作がわと 監督と 前監督と

もめた トラブルになってしまったので

監督自身も 思ったような映画が

つくれなかったと言っている 

映画批評家の採点も酷評で あったらしい

どんな 感じになったかは 観てもらえれば

よければ

タイトルとURLをコピーしました