映画 西遊記 孫悟空vsスパイダー・ウーマン 感想 監督は追龍のバリー・ウォン

映画
この記事は約2分で読めます。

製作スタッフ

監督 バリー・ウォン キョン・コマン

アクション監督

ソン・グアンパン

音楽 ルオ・ジアン

美術 シャオ・チアン

キャスト

ロー・カーイン(三蔵法師)

ベニー・チャン

ラム・ジーチョン

マース

ユン・チュンチョン

コニー・マン

ジェン・チー

あらすじ

500年間五行山にとじこめられていた

孫悟空は 観音菩薩のおしえに

したがって 三蔵法師の弟子となる

経典を探すたびに でかけることとなった

三蔵法師 孫悟空 猪八戒 沙悟浄 たちは

旅人が消えてしまう盤絲洞へ

やってきた

そこでは

謎の美女たちが住んでいた

もてなしを受けた三蔵法師は

美女たちを 信用してしまう

しかし

孫悟空は

邪悪な妖気が 見える

眼力をもっていた

感想

ストーリーは

すごく わかりやすく

こどもでも

理解できるほどで

役者の演技力が

上手い

とくに

孫悟空の演技は

過去の西遊記の 独特な

孫悟空という猿の動きや目線

などが

まさに孫悟空 という

動きを していた

アクション自体も

それほど

キレがあるとか

迫力が あるとか

では ないが

見ていてわかりやすい動きで

不満がない

ストーリー構成が

しっかりと

しているのか

わかるような 先行きなのに

まるで

紙芝居のように

見ていってしまう

そんな しっかりさが

出来ている

そして

コメディー要素

コミカルな要素は

ところどころ いれられていて

喜劇として

おもしろい

監督は映画 追龍

任侠アクション映画で

ヒット映画をつくった

バリー・ウォンだけに

つくりこみが しっかりしている

目立った 派手さや

そうだいさは

ないが

まるで

紙芝居のように

見いってしまう

ストーリーや つくりや

役者の演技などが

しっかりと なされている

からなのだと

感じられる

おもしろ おかしく

真面目なところは

真面目に

映画 西遊記

お手本のような映画づくりに

さすが

バリー・ウォン

派手さが なくとも

おもしろい 映画を

つくれることに

さすがだと 感じれた

タイトルとURLをコピーしました