映画 二ツ星の料理人 感想

この記事は約2分で読めます。

監督ジョンウェルズ 
脚本スティーヴンナイト
キャスト
ブラッドリー・クーパー(映画ハングオーバー消えた花ムコと史上最悪の二日酔いや特攻野郎AチームTHE MOVIE
アメリカンスナイパー)
シエナ・ミラー(カサノバ G.I.ジョー キャバレー 夜に生きる アメリカンスナイパー)
オマール・シー(インフェルノ X-MENフューチャー&バスト ジュラシックワールド パーフェクトプラン)
ダニエル・ブリュール(シビルウォー/キャプテンアメリカ ボーン・アルティメイタム クローバーフィールド・パラドックス)
リッカルドスカマルチョ
アリシアヴィキャンデル
マシューリス
リリージェームズ
ユマサーマン
エマトンプソン

内容としては二つ星シェフの料理人の絶対的自信

と頑固な性格に

人間ドラマやミシュランの星にかける人生や

料理に対しての強い情熱が伝わるいい作品で

キャストも大物ばかりなので

きっちりとあきさせないつくりとなっている

ミシュランの星に

人生をかける料理人として

その過程で敵をつくったり 恋や

絶望 失敗 ミシュランの審査員が

食べにくる 大勝負や まさかのサプライズ  

自分が料理人になった ような

目線で

入り込めた作品で

味のある 印象に残る映画なのでよかったら♪

タイトルとURLをコピーしました