映画 沈黙の激戦 感想

この記事は約1分で読めます。

監督キオニ・ワックスマン
スティーブン・セガール
ラッセル・ウォン
ジェマ・ダーレンダー
今回も お馴染みセガールの
製作で 中の上ほどの
出来ばえとなっている。
昔のセガールはもっと
動いたが
やはり かなり太ってしまったのと
年齢のせいであろう
セガール自体はその場から動かず相手
を倒してしまう戦闘となっている。
そして 毎回
かなりキレイな女優が
脱いでしまうのは
驚きである。
少数マフィア対セガールという
構造で
ド派手な演出は
ないが
着実にやっつけていくのは
セガールの必殺仕事人的な
シチュエーションである♪
セガール映画をみた感は
味わえたと実感できるので
よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました