インド映画 KESARI/ケサリ21人の勇者たち は壮絶だった

映画
この記事は約5分で読めます。

監督/脚本 アヌラーグ・シン
脚本 ギリシュ・コーリー

キャスト
アクシャイ・クマール

パリニーティ・チョープラー
(従姉にハリウッド女優プリヤンカー・チョープラー)

ラケシュ・チャトゥルベディ・オーム
ミル・サルワール
スヴィンダル・ヴィッキー
ヴァンシュ・バラドゥワージ
ハリー・ブラール
ラージディープ・シン・ダリワル
スミート・パスラ

全体的には

過去の歴史を題材とした

戦争映画で

名誉と誇りをかけた 戦いで

命をかけた 誇り高き

砦のインド軍隊 男達の戦いである

1万人の敵に 対して わずか21人で

砦を 護る戦いは

壮絶である

前半は 勇敢な主人公が

命令に背いてまで

女性を助けたり その後は

ほのぼのとした 感じや

インド映画の ダンスなどが

披露されるのだが

後半は

とんでもないことに なっている

まさか これほどまで 壮絶な戦いと

なるとは

前半のほのぼのとした雰囲気からは

思いもよらない

前半で ほのぼのとした

シーンが

後半 の シーンに

つながるところは

涙ながらに

見ずにはいられない

この映画で ターバンというものは

男の命ともいえるものだと

いうことを 知った

昔から インド人 ターバンの

イメージは 日本には

根付いていた イメージなのだが

ターバンは

男の命だということが

この映画では

学ばされた

ターバンは散髪しない長い髪を

束ねて ターバンで

巻いている

信仰のため 髭もそらない

主人公達のインド軍は

シク教を信仰していて

シク教は 肉食や飲んだりは

いいが 喫煙は禁止されている

ストーリーでは

村に残してきた新婚の嫁が

時折 そこには いないはずの嫁が砦の横の

主人公が つくった 小さな畑に

登場して はなしをするのだが

そして パッと いなくなる

これは?

もしかして

新婚の嫁は もう この世にはいないのか?

という 感じに 見えてしまうが

そこの あたりは くわしくは

わからないままである

ひょっとしたら

シーンのどこかで

見落としてしまっているのか?

そこが

謎のままと なっている

そこは この映画を

見ることで 確かめてもらえれば

そして このストーリーは

実在した21人の 砦を

護った 誇り高き戦士で

歴史上でも国から 勲章が

渡されている

そして 実際に 21人の 写真も

あるので

知りたいかたは

ネットなどで

画像を 検索して

21人の 実在した 顔を 確かめて

もらえれば

より この映画へ 感情を

抱かせられると思うので

インド映画では

バーフバリなどの

アクションロマンスなどの

映画が 多いが

今回の インド映画

ケサリ21人の勇者たちは

実際にあった話を

映画化しているので

やはり

実話にもとづいた映画は

ひじょうに ラストも

シビアで

個人的には

モヤモヤしてしまうのだが

記憶には 残る

事実 この映画ほど

強く 壮絶な 戦いを

見せられたことは

夢にも 出るほどの

強い パッションを

感じた

事実ほど シビアな

ストーリーが

存在することは

日本の映画にも

共通するもので

これが 真実のストーリー

という歴史が 多いことには

やるせない気持ちが あるもので

いかに 命が尊いかということを

強く 考えさせられた

歴史を生きた男達の生きざま

よければ♪

タイトルとURLをコピーしました