映画シャザム感想 グレイス・フルトン

映画
この記事は約4分で読めます。

監督デヴィッド・F・サンドバーグ
他の監督作品
ライト/オフ
アナベル 死霊人形の誕生  

脚本ヘンリー・ゲイデン
原案ヘンリー・ゲイデン
  ダーレン・レムケ

出演者
ザッカリー・リーヴァイ
マーク・ストロング
アッシャー・エンジェル
ジャック・ディラン・グレイザー
ジャイモン・フンスー
マータ・ミランス
アダム・ブロディ
ミシェル・ボース
クーパー・アンドリュース
ミーガン・グッド
ロス・バトラー
ジョバン・アーモンド
DJ・コトローナ
デイビット・コールスミス
カーソン・マックコーマック
ロビナ・ヤヴァーリー
Maurizio Merluzzo
Lotta Losten
キャロライン・パーマー

グレイス・フルトン1996年7月17日アメリカの女優兼ダンサー
他の映画出演アナベル死霊人形の誕生

スーパーマンやバットマンと同じDCコミックスの

ヒーローということで

内容は 明るいスーパーマンといった

印象を感じた

普通は コメディ路線で 仕上げると

内容が軽くなり

リアルさにかけるのが 普通だが

映画シャザムは 全然 そんなことはなく

コメディとリアルが

見事に融合されている

視聴者の年齢のターゲットは

映画シャザムの主人公ビリー・バットソンが

14歳ということもあり

中高生を 中心に

つくられているような印象なのだが

しかし 大人が見ても 面白く

感覚的には

過去のスーパーマン映画に

コメディを つけたような しっかりとした

ストーリーとシナリオで

主人公の14才の少年ビリー・バットソンは

変身すると 大人の姿のシャザムに

なる 心は子供で

身体は大人

大人のシャザム役には 俳優ザッカリー・リーヴァイ

本作品では オーディションをして

シャザムは 彼しかいないと

言われ 選ばれた

オーディションの時の様子が まさに

シャザム を演じた 姿で

その演技が

スバ抜けて シャザムに

ピッタリであった

映画シャザムで よかったのは

サプライズや ギャップが

うまく 入っていることで

普通は この流れでは

うまく いくのだろうと

思いきや 視聴者を上手くだまし

すんなりと 当たり前には

展開しない

要所 要所があり

そこが 面白さを だしている

映画内での 悪役は

親や兄に 小さい子供時代から

出来損ないや バカ扱いされ

そのうらみから

悪の道へと

大人になる

しかし

そういった ところは

中高生の子供には 誰しも

もっているもので

それを 悪役として

視聴者に フラストレーションの

ストレスを解消させる

上手いストーリー展開となっている

悪役さえも 視聴者の心モヤモヤを

解消させる ストーリー構成は

だから この映画が

面白くて大成功した

要因であると 考えられる

過去にも コメディ路線のヒーローは

あったが だいたいが

あまりヒットせず 内容も軽くなりがちだが

映画シャザムは異例の

大成功であった

バトルシーンも

抜かりが なく

スーパーマン映画のアクションのまんまで

リアルである

監督は ホラー映画 アナベル死霊人形の誕生の

デヴィッド・F・サンドバーグで

ホラー映画から

ヒーロー映画の大成功は

異例である

ホラー映画も できるからこその

悪役の造り

シャザムを選出する 魔術師の

造りなどが

演出できるのかもしれない

また ヒーロー映画では

欠かすことのできない

イジメっ子役が

配され 視聴者の

復讐心理を 盛り上げさせる

イジメっ子役にも設定が14歳で

このことから

この映画シャザムの

視聴者ターゲットは

10代がメインであると

感じとれる

おおまかな

あらすじは

幼少期に遊園地で母親と はぐれて

しまい そのまま 孤児院から 里親を転々とし

新たにグループホームに いきつき

そこで グループホームの家族たちと

過ごすことになる いじめっ子から 家族を

守り 逃げている最中に魔術師シャザムのいる永遠の岩に

召喚された主人公は シャザムと 唱えると大人の身体の

スーパーヒーローに変身する力を あたえられるが

心は子供 身体は大人

そして 同じ 永遠の岩に召喚されるが ヒーローに

なれなかった悪しき心の敵と 闘うことになるのだが

はたして?

エンディングでは 次回作も あるような

終わり方で あったのと また サプライズに

あのスーパーヒーローも 顔は映っていないが

登場する

また グループの家族でヒロイン役には

グレイス・フルトンが キレイでかわいい

コメディも はいっていて

これだけの 総合的に 面白いヒーロー 映画は

DCコミックスの ヒーローものでは

異例な面白さで あるので

是非 オススメ♪

 

タイトルとURLをコピーしました