映画 ボーダーラインSICARIO 感想

この記事は約1分で読めます。

主役エミリーブラント(オールニーユーキル、スノーホワイト氷の王国、プラダを着た悪魔)
映画トロンレガシーのジョシュブローリン
ベニチオデルトロ
感想としては、
ひさしぶりに緊迫して
お笑いなど一切ない
シリアスな映画なのに
ほんとに、目が離せない
アクションばかりとかでなく
進行が常にドキドキしているのである
いきなり、何がおこるのか?という
緊迫感がリアルに
伝わってくる
BGMやサウンド・トラックが
かなりドキドキ感を高揚させているのである
ひさしぶりのベニチオデルトロ
やはりこの俳優は
シリアスがドンピシャではまる
マフィア映画など出たとしたら
かなりなはまり役になるのでは?
と、思われるが
今回の映画の役もドはまり役である
よく、なんとか賞とか
アメリカ映画で受章とかあるのだが
実際、なんとか賞の受章した映画、意外に
面白くなく
こういう映画が
なんとか賞を受章するべきだと
思う
間違いなくいい作品なので
是非ともおすすめ♪
歴代に残るシリアスでいい映画♪

タイトルとURLをコピーしました