映画ザ・ウォーク 感想

この記事は約2分で読めます。

監督はロバートゼメキス
主演はバットマンの映画ダークナイトライジングのゴッサムシティの若き警官ジョン・ブレイク役を
演じたジョゼフゴードン
母は映画監督マイケルゴードンの娘である。
1981年生まれ身長176センチ。
奥様は超絶美人で才色兼備ターシャマッコーリー、 ロボット工学会社Fellow Robotsの共同創設者でCEO。
1974年8月7日にフィリッププティによって実際にワールドトレードセンターの2つのビルを綱渡りしたことを題材に
制作 実際にプティから綱渡りをジョゼフゴードンは教わりながら演じた。
フランスなまりも演じるためにヒロイン アニー役のシャルロットルボン(映画イヴサンローラン(フランス語版)に出演女優)より教わった。
2001年夏に展望に行っていて思い入れも相当強いものである。
ロバートゼメキス監督は映画ザ ウォークの映像技術に今までの全てを取り入れたと言ってている。
感想はほんとに見てるものを飽きさせないジョゼフのコミカルな演技 仲間たちのコミカルさや恋人役のアニー
のかわいらしさやエンターテーメントとしてのロバートゼメキス監督の観客を飽きさせないストーリー展開
誰が見ても楽しめるいい映画となっているので、是非♪

タイトルとURLをコピーしました