映画ロジャー・コーマン デス・レース 2050感想

この記事は約1分で読めます。

監督G・J・エクターンキャンプ
製作ロジャー・コーマン(デスレース2000製作)
キャスト
マヌー・ベネット
マーシ・ミラー
マルコム・マクダウェル
アネッサ・ラムジー
バート・グリンステッド
ヤンシー・バトラー
スピルバーグなど数多くの監督を育てた
ロジャー・コーマン(90歳)
の製作したデスレース2000(1977年)
のリメイクのようで
その後バイオハザードの監督に
バトンタッチしたジェイソンステイサム主演
のデスレースで大ヒットしたのだが
そのデスレースなのだが
今回は初期の作品に戻り
しかも、ロジャー・コーマンは低予算
のB級映画の王様と言われるほどらしく
またしても、低予算B級映画の
デス・レース2050となっていて
見てしまったのである。
劇場公開などはなかったらしく
さすがに
出来映えもB級映画なので
低予算でハチャメチャバイオレンス
で、まんま昔のデス・レース2000の
出来映えとなっている。
ので
最初から
低予算B級映画として
わかっていて見るならば
楽しめるかもしれないので
よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました