映画アンロック/陰謀のコード 感想

この記事は約4分で読めます。

監督マイケル・アプテッド
原作ピーター・オブライエン
制作
ロレンツォ・ディ・ポナヴェンチュラ
ジョージナ・タウンズリー
エリク・ハウサム
クロ―ディア・プリュームフーバー

キャスト
ノミオ・ラパス(1979年12月28日生まれ)
オーランド・ブルーム
トニ・コレット
ジョン・マルコヴィッチ
マイケル・ダグラス
トシン・コール
フィリップ・プローディ―
マシュー・マーシュ
ブライアン・キャスプ
Michael eqq
Makram Khoury
アイメン・ハムドゥーキ
ラファエロ・デグルトーラ
ジェシカ・ブーン
Adelayo Adedayo
リー・ニコラス・ハリス
デイビッド・ボウルズ
ポール・ブラックウェル
トム・リード
音楽
スティーヴン・バートン
撮影
ジョージ・リッチモンド
編集
アンドリュー・マックリッチー

映画セブン・シスターズに続き

本作もアクション炸裂

迫真の演技力 女性で 男のアクションシーンに

勝るのは 現在 ノミオ・ラパス以外

いないのではないかと 言える

映画アンロックは 本当に 純度の高い

アクション映画で ノミオ・ラパスは尋問官の

役どころなのだが

過去

尋問メインの映画などは あったが

それのメインの映画でなく

尋問官はほんのワンシーンで ほぼ

スパイ映画のつくりと なっている

キャストも マイケル・ダグラス オーランド・ブルーム

など ベテラン俳優が 出ていることから

この映画のつくりが 大作映画で あることが

わかる

過去歴代の本当に面白い映画として はいる 出来栄えで

映画マニアにも 大満足できる映画

逃走 裏切り 謎 銃撃 格闘

アクション映画 第一級

今現在 ノミオ・ラパスの出演している 映画を

見れば まず 間違いないのでは と言える

シーンも 煮詰められていて 無駄なとこが

ない 不満のシーンが なく

上手く つくられていて 撮影のカメラの

動きから 音楽も 秀抜 全体的に 良く

過去見た面白い映画の上位に入る 

エンディングも スパッと 飲み物に

例えるならば 強炭酸水 

ノミオ・ラパスの迫真の演技 ぜひ おススメ  

よかったら

コメント

タイトルとURLをコピーしました