映画 ファイナル・スコア 感想 アレクサンドラ・ディヌ

映画
この記事は約3分で読めます。

監督

主演は映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの

デイヴ・バウティスタ

いつもどおりに

そんなに 期待こめずに

見たのだが

これが とんでもなく 極上のアクション映画で

あった

最近はこのような 感じの

たとえば 映画ダイハードのような

アクション映画が

少なく なにか

物足りなさを感じていたのだが

主演のデイヴ・バウティスタが

やってくれた

舞台は 競技場スタジアムなのだが

そこに

かつて 国と戦争をしていた

主導者の兄をみつけるために

弟が スタジアムに C4爆弾を

しかけ 消えた兄を だせと 国家にたいして

要求するのだが

そこへ

主演のデイヴ・バウティスタが

弟のように

したっていて亡くなった戦友の 娘と サッカーの

観戦に きていた

娘は 思春期や亡くなった父のこともあり ややグレかけていて

母親も

困っていた

罪滅ぼしのためと

じゃっかん 母親が

美人だということも あり

設定上では

罪滅ぼしだが

こちらの視聴者がわには

母親が 美人なので

恋しているとも

とらえる描写に なっている

全体的な アクションとしては

ほんとうに 豪華なアクションで

顔が鉄板に おされジュージューなったり

その点の 戦いは 全然 ぬるくない

バッサリと 落とされたり

ぬかりなく とことん 激しい

サバイバルアクションが

展開される

中でも バイクでの

アクションシーンは 見もので

そんなことを してしまうのか!

という瞬間も あり

こういう シーンは

映画ダイハードでも

あったような感じだが

これこそ アクション映画たる

絶対的に必要なシーン

要素であると エキサイトした

娘役のララ・ピークは

どちらかというと

強面な顔をしている

そして 悪役の方にも

強面な女役でアレクサンドラ・ディヌ

髪はあみあみのドレッドのようになり

金髪 首にはタトゥー

鼻にな絆創膏 アゴとほほには

大きな切り傷跡 黒い革ジャンに

この映画のために 痩せてきたのか?

見るからに 完全に 悪役

セリフも 口悪く なんだ!?おまえは!?

のような 本当に 女性の悪役で

ここまで 煮詰めてきたのは

すごい役者魂である

他の役には清楚でキレイな

お姫様のような

役もしているのに

ものすごい変わりようである

全体的に 悪役の

にらむ目力や

悪どさが

すごく 伝わる 映画で 悪役の

シリアスさや スケール

などが

この映画の面白さを際立たせている

悪役のボス役にはレイ・スティーヴソン

頭はスキンヘッドで

目力が 半端なく

にらむ顔が ものすごい迫力である

ここまで 悪役の悪がおを

極めた 俳優は なかなか いないであろう

敵役には主役の

デイヴ・バウティスタよも

さらに 大きい204センチの

巨体 筋肉も 人間ばなれした

マーティン・フォードが

つとめている

この映画とは関係ないのだが

マーティン・フォードよりさらに

デカイ オリバー・リチャーズ218センチ(ボディビ

ル) という巨人も 存在している

そして このマーティン・フォードは

日本のYouTubeーぷろたんとも

会っている

映画には 今 ボディビル界からも

人材がきているもようだ

今回 歴代007の主役ピアース・ブロスナンも

登場してきて お馴染みの なつかしい感情も

わいてくる

映画ファイナル・スコアは

現代版ダイハードといってよい

本当に 最高の極上アクションなので

是非 オススメできる

映画なので よかったら♪

 

タイトルとURLをコピーしました