映画 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 感想

この記事は約2分で読めます。

監督デヴィッド・イェーツ
ハリー・ポッターシリーズ後半4作品
の監督
脚本はハリー・ポッターの
作者J・K・ローリング脚本家デビュー
エディ・レッドメイン
キャサリン・ウォーターストン
コリン・ファレル
アリソン・スドル
ジョニー・デップ
カルメン・イョゴ

さすが

脚本家がハリー・ポッターの作者ということで

個人的にはハリー・ポッターよりも

ファンタスティックビーストの

方が好みで

見てて

わかりやすく

誰が誰?などと

迷うこともなく

見ていてもサッパリと

していて

全体的にも

長編で2時間をちょっと

こえるほどあり

見応えもたっぷり

そして、うわさのジョニーデップが

こんなとこに

出てくるとは

非常にビックリ!♪

やはりジョニー・デップは

顔だけで演技できていて

独特な

ジョニー・デップ感をにじみだしている♪

ファンタスティックな要素

シリアスなところの要素は

しっかりとシリアス感を

出してきて

強弱がしっかりとしていて

ハリー・ポッターシリーズ後継として

間違いなく良い映画だと

感じたので

よかったら♪

タイトルとURLをコピーしました