映画 亜人 感想 みて思ったこと

この記事は約4分で読めます。

監督 本広克行
脚本
瀬古浩司
山浦雅大
原作
桜井画門
製作
佐藤善宏
臼井真之助
牧野治康
製作総指揮
山内章弘
キャスト
佐藤健
玉山鉄二
城田優
千葉雄大
川栄李奈
浜辺美波
山田裕貴
品川祐
宮野真守(声の出演)
吉行和子
綾野剛
音楽
菅野祐悟
撮影
佐光朗
編集
岸野由佳子

実際にアニメも みていたので

正直 実写化には

あまり 期待していなかったのだが

思ってた以上に リアルに 表現されていて

とくに 黒い IBMは アニメの

迫力と 同じように スケールを

感じれる

VFXが 非常に

よく出来ていたと 感じる

アニメで 黒いIBM

実写化では そのまんま

表現されていて これにかんしては

最近の映像技術の凄さを痛感した

アクションに関しては

アクションチームが

るろうに剣心のチームで

そこに アクションにも

定評のある佐藤健のアクションが加わり

亜人のアクションと

マッチしている

本作品では 結構 年配の悪役 の

アニメ版の佐藤役を

若い綾野剛が 演じているということで

年齢的に設定 無理があるのではないか?

と 思ったが 綾野剛が

うまくカバーしていた

普通ならば もっと 50代くらいの俳優さん

使うのが設定上

妥当だと 思うのだが

綾野剛が アニメでの佐藤の

声優さんのように

しゃべり方も うまく真似ていたので

アニメでの声優さんのイメージの

カラーを 上手く演じていた

そして 若い俳優なので

アクションも カバーできる

ということで

しかし アニメのあの俊敏な佐藤さんの

ガンアクションには ワンテンポ

遅さを感じてしまったが

さすがに アニメのような

あの速い 動きは

実写では 表現できないのが

あたりまえと言えば

あたりまえなのだが

アニメでの佐藤さんの声優さんに

似せた 口調は

非常に上手かった

実際に綾野剛は

漫画は漫画だけであるべきだと

言っているが

役についたからには

全身全霊で演じると

言っている

ストーリーは

ほぼ アニメと同じ展開なのだが

実写版の亜人で

一番 貢献しているのは

俳優 佐藤健のアクションや綾野剛との

アクション

ガンアクション

カメラワーク

有名俳優 女優

戸崎優役に玉山鉄二

戸崎の部下の亜人でもある女性 下村泉役に

人気の川栄李奈 個人的には

アニメと同じように

もっとグラマーな配役にして 欲しかったのだが

人気の川栄李奈ということで

役への頑張り度合いは

高い

もし パート2が

出たとしたら

絶対にみたいと 思える 出来映えで

期待していたよりも

全体的にも

ラストも

クライマックスも

すべてにおいて

良くできていて

個人的な感想は るろうに剣心よりも

こちらの方が 好きである

アニメ 亜人 自体 面白いストーリーなので

ダークな 内容で

あるのに かっこよさも 感じれる

映画 亜人 続編が

もし でたら 必ず みたいと思える

作品なので 是非とも

オススメ

タイトルとURLをコピーしました