映画 夜に生きる 感想

この記事は約1分で読めます。

監督 主演ベン・アフレック
原作デニス・ルヘイン
キャスト
エル・ファニング
ブレンダン・グリーソン
クリス・メッシーナ
シエナ・ミラー
ゾーイ・サルタナ
クリス・クーパー
感想としては前回の監督映画アルゴは
素晴らしかったが
今回はやや、評価を下げた感じと
なっている。
(他の人の評価もあまりよくなく。)
ストーリーは尺は長くとられていて
そこは 評価できるのだが
ベン・アフレックのための よりの
映画となってしまっていて
やや、入り込めない のである。
そして、ヒロインも個人的には
もっと、キレイな女優さんを
起用すればよかったのではないかと
(個人的好みで感想)
ストーリーも、台本どおりに
撮影していったような流れとなっている
感じに見受けたり
ギャング映画なのだが
やはり、過去にもっと派手なギャング映画
を観てきた者としては
物足りなさを感じてしまう。
1つの小説を
読んだ感じをまんま、映画にした
控えめなギャングストーリーという
感じである。
小説感を感じるギャングストーリー
となっているので
よかったら♪

by カエレバ

タイトルとURLをコピーしました