映画 2バッドガイズ 感想

この記事は約2分で読めます。

監督ジェシー・V・ジョンソン
キャスト
スコット・アドキンス
ルイス・マンディロア
ウラジミール・クリッチ
トニー・トッド
セリーナ・ロー
出来としては
ストーリーは シュールな
感じで 終わった あとも
やや 気分は良くない映画で
後味が ちょっと悪いといえる
取り立て屋に なった
道場の主が
仕事をこなしていくのだが
そこには 葛藤が
そしてベテランの パートナーと
仕事をこなしていくのだが
ラストに 波乱が
コストはおさえられている
映画で スコット・アドキンスの
殴り合いが 映画での
アクセントとなっている
どちらかと言えば
ヒューマンドラマてきな
B級映画を シュールに
うまく つくりあげたような
しかしB級映画よりは やや上で
しかし 大きなコストかかった
映画でもなく
深夜に たまたま やっていた
映画のような 出来映えであった
ラストあたりが
牛の映像が出ているのだが
気分が あまり 良くない映像で
個人的には
菜食主義よりの 考えで
肉食は 道徳的に
減らした方がいいという個人的な
勝手な意見があるので
そのような映像で 肉食控えましょうという
考えであるならば
その映像には意味があると
思う
個人的意見だが
しかし その映画でのシュールさを
だそうとしているのならば
その映像は 後味の悪くなる映画に
なってしまうのではと
感じた
最近のスコット・アドキンスの映画を
見ると 抜けきれない映画を
見ている数が多いように感じ
大がかりな
コストの映画ではないところは
やや 不満を感じてしまう。
ラストが
この映画の見せ場なので
ラストを知りたいかたは
よかったら

タイトルとURLをコピーしました