映画 ニュー・ミュータント 感想 評価 主演ブルー・ハント 

映画
この記事は約3分で読めます。

スタッフ

監督 ジョシュ・ブーン

原作者 クリス・クレアモント

キャスト

ブルー・ハント

メイジー・ウィリアムズ

アニヤ・テイラー=ジョイ

ヘンリー・ザガ

チャーリー・ヒートン

アリシー・ブラガ

あらすじ

みずからの特殊能力に悩まされる

若いミュータントたちが

施設の中で

訓練を受けて

葛藤や 思いもよらない出来事に

闘うストーリー

ある日突然 彼らの前に

謎のモンスターが

あらわれる

恐怖で錯乱する

彼らの前にさらなる

試練が待ち受けていた

主役は 期待の新星 ブルー・ハント

レイン役には

ゲーム・オブ・スローンズの

メイジー・ウィリアムズ

イリアナ役に Netflixドラマ

クイーンズ・ギャンビット で注目の

アニヤ・テイラー=ジョイ

監督は きっと、星のせいじゃない の

ジョシュ・ブーン

感想

映画のターゲットは 10代から

20代に つくられていると感じた

ミュータントであるために

問題を おかしてしまった者や

過去に トラウマを

抱えた ミュータントたち

しかし

悩んでいる 描写は

精神的に

安定しない

若い世代の 葛藤を

ミュータントの悩みに

置き換えて

つくられていた

全体的には

アクションは

少なめで

前半の少しと

後半に

凝縮されていたので

はじめの方から

中盤は

大人が みるには

展開が 遅いと感じられる

映画自体は

映画ミュータントの

派手な 展開が

永遠と つづく

設定ではなく

アクションシーンは

ここという シーンだけに

凝縮されていた

最近の映画では

ミュータント映画は

監督が

変わったので

ミュータントの苦しみや葛藤を

あまり 強調させず

さわやかな イメージに

なっていたが

このミュータント映画は

昔からのミュータントが

自分の力に 悩むテーマに

戻っていた

スピンオフということで

本家ミュータント映画の

壮大なスケールではない

ある施設の中でおこった

出来事となっている

女優や俳優も

若手ばかりで

みるターゲットも

10代20代の世代に

されていると考えられる

社会問題にも なっている

トランスジェンダー問題も

いれられていた

主人公は

謎の怪物のために父親を

失った 少女ダニ

と 仲間たちとの 施設の生活を

描く構成となっている

評価としては アクションが もっと欲しかったのと

若い世代向けであったので 6点評価としたならば

 3ぐらいなのではと 感じた

タイトルとURLをコピーしました