映画 マーシュランド 感想 考察 犯人が見終わってもわからない深いサスペンス

映画
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

監督

アルベルト・ロドリゲス

製作総指揮

ホセ・アントニオ・フェレス

脚本

ラファエル・コボス

アルベルト・ロドリゲス

音楽

フリオ・デ・ラ・ロサ

キャスト

ラウール・アレバロ  ペドロ・スアレス役

ハビエル・グティエレス  ファン・ロブレス役

アントニオ・デ・ラ・トレ  ロドリゴ役

ネレア・バロス  ロシオ役

サルバ・レイナ  ヘスス役

ヘスス・カストロ  キニ役

マノロ・ソロ  ジャーナリスト役

ヘスス・カロサ  ミゲル役

セシリア・ビリャヌエバ  マリア役

アナ・トメノ  マリーナ役

マヌエル・サラス  セバスティアン・ロビラ役

ファン・カルロス・ビリェヌエバ アンドラーデ判事役

メルセデス・レオン 猟師宿の女主カーサ・ソト役

アデルファ・カルボ  フェルナンダ役

あらすじ

独裁政治のつめ跡がいまだに

残る1980年 スペイン・アンダルシア地方

湿地帯の小さな町で

祭り中に2人の少女が行方不明となり

のちに死体で発見される

2人の少女は酷い拷問を受けて

強姦されて 殺されていた

事件の捜査をまかされたのは

若く血気盛んな刑事ペドロと

ベテランのファン

ペドロは首都マドリードから

左遷されてやってきた

2人は捜査を進めるうちに

過去にも同じような事件が

起こっていることを

つきとめる

しかし

この小さな町には

あらゆる悪い問題が

浮き彫りになる

そんな時

またしても一人の少女が

姿を消した

2人は

無事 少女を助けだし

犯人を 捕まえることが

できるのか!?

感想・考察

結論から のべると

最後の最後で

本当の犯人が

わからないまま

終わるストーリーは

秀抜

こんなエンディングが

あったのかと

おどろかされる

しかし

モヤモヤとして

終わるのだが

その

モヤモヤが

余韻となり

映画の深みを増している

冒頭からは

つかめない内容で

進展していく

2人の少女の遺体が

見つかった時から

捜査は

進展していく

しかし

ストーリー自体は

つかみにくい

誰が

犯人で などの

憶測がしにくい

状態で

進む

唯一 手がかりになりそうなのが

殺された2人の少女の

両親である

ところが

まったく

つかめない

捜査をしていくうちに

母親が

何かを知っている様子で

進展していく

映画内での出来事では

謎めいた描写が

いくつも

でてくる

秘密を隠している父親

謎の写真

場所

しかし

それだけではなく

まさかのとんでもない

秘密が

映画のラストには

隠されている

この映画の 凄いところは

ラスト

真実が つかめない 

ところ

謎のまま 終わるところ

しかし

犯人が 複数いてたんでは ないかという

疑問も あるのだが

それも 謎のまま

終わる

真相は闇の中

本当に 謎のまま 

エンディングを むかえ

終わる

見終わっても犯人が?わからない深いサスペンス

あなたの推理は どうとらえるか? 

タイトルとURLをコピーしました