ザ・ソウルメイト 映画 あらすじ キャスト 感想

映画
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタッフ

監督 チョ・ウォニ

脚本

キム・ソンジン

ペ・セヨン

音楽

モク・ヨンジン

撮影 ハ・ギョンホ

あらすじ

柔道場の館長 ジャンス役 マ・ドンソクは

心臓病の娘の手術費を

かせぐために

仕事をかけもちしていた

そんな時

若い警察官テジン役 キム・ヨングァンは

柔道場の館長を

あやしいと 思い

マークしていた

そんなこともあり

2人はいがみ合っていた

しかし

そんな時 テジンは

呼び出され

そこには 覆面マスクをした

男たちが いて

襲いかかってきた

駐車していた車をレッカーで

移動させたのは

テジンだと 思い怒って

追いかけてきた柔道場館長ジャンスも

不意打ちで殴られ

意識を失う

テジンも意識不明の重体

昏睡状態のテジンは

幽体離脱してしまう

しかし

その姿を見れるのは

柔道場の館長ジャンスのみであった

はたして

テジンは

泣きじゃくる恋人を

前に意識を戻せるのか?

謎を解明できるのか?

正義感ゼロの柔道場館長ジャンスはテジンを助けるのか?

キャスト

マ・ドンソク

キム・ヨングァン

イ・ユヨン

チェ・ユリ

チュ・ジンモ

チェ・グィファ

感想

冒頭から

コメディー路線で

だらだらと

続いているのだが

途中から

ストーリーは

一転

主要キャストが

意識不明になり

幽霊になってしまう

もう一方の主要なキャスト

柔道場館長役のマ・ドンソクは

背中には 正義は勝つという

上着を着ながら

バスで

おばあさんが

チンピラから

からまれていても

かかわらず

無視

リンゴが

ころがってきて

とってあげることもせずに

足であっちに蹴って

取ろうとしない

それは

過去に 何かあっただめであったことを

後に知らされる

構成自体は

コメディータッチなのだが

シリアスなシーンも

含めてくるのと

やはり

結婚前の彼女が

目の前で泣いている

のを見る幽霊に

泣けるシーンが

存在する

ストーリー的には

その後 目覚めるのでは

ないかと

考えたりするが

その後

どうなるかは

最後に見てもらえれば

ストーリー全体は

だんだんと 盛り上がっていく

ストーリー展開

そして

子役の愛嬌とかわいさの

健気な態度を見せる

上手い演技

マ・ドンソクの強さと

コミカルな演技

表情

じゅうぶん 楽しめる

ストーリー展開と

なっていて

はじめから

終わりまで

すごく 上手く仕上がった

ストーリー構成と

なっているので

おすすめ よかったら

タイトルとURLをコピーしました