T-34 レジェンド・オブ・ウォー感想 スタイリッシュ ロシアメガヒット戦車映画

映画
この記事は約4分で読めます。

監督 アレクセイ・シドロフ
脚本 アレクセイ・シドロフ
制作 ニキータ・ミハルコフ
レン・ブラヴァトニック
ルーベン・ディシュディシュヤン
ネリ・ヤラローヴァ
アントン・ズラトポルスキー
レオニド・ヴェレシュチャギン
制作総指揮 ミハエル・キタエフ

キャスト
アレクサンドル・ペトロフ
ヴィンツェンツ・キーファー
イリーナ・スタルシェンバウム
ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ
アントン・ボグダノフ
ユーリイ・ボリソフ
撮影 ミハイル・ミラシン
制作国ロシア

第二次世界大戦下

ソ連の新米士官イヴシュキンは

友軍撤退援護のため

初めて 配属された地で 戦車の乗組員

とはじめて 顔を合わし部下として従え

戦車の車長として

初めて 前線の戦いに いどんだ

敵戦車は 多数

こちらは一台の戦車で

隠れてまちぶせし

次々と撃破していく

しかし

敵隊長イェーガーの戦車との

対決により 両車ギリギリの戦いにより

捕虜となってしまう

それから

年月が経ち イヴシュキンは

反抗的な 態度で 敵軍に

ごう問などを

うける そんな 中

イェーガーが資料をみて

これは あの時の戦車の隊長だと知り

ナチスの戦車戦演習のために

イヴシュキンに T-34の整備をさせ

実弾のないT-34に乗せ

実弾を積んでいる戦車数台の

演習用にさせよう とする

しかし

イヴシュキンは 新たな戦車乗組員仲間と作戦を

たてて 脱出しようとする

その中で イェーガーの通訳をしていた

同じく捕虜のアーニャと相思相愛になり

脱出計画の仲間となる

果たして イヴシュキンたちは

演習の砲火から 逃げのび

脱出して 生き残ることが

できるのか!

感想

古いイメージのある戦争映画なとではなく

すごく スタイリッシュで

VFXも駆使され 映像の

美しさ 爆発シーンや

戦車の砲台が

お互いに向き合うまでの

ハラハラドキドキ感や

迫力 スケール

戦車は 実際にT-34が 使用されており

その迫力は 素晴らしい

重厚感や 躍動感

戦車内の緊迫したシーンや

また 戦車内で 気絶するシーンなど

リアルなテイストを 演出している

捕虜の身から 逃げ

湖で

イヴシュキンたちが

歓喜しているシーンは

ピアノのBGMや 水の映像美

芸術的 シーンが

あり

スタイリッシュさを

より 感じさせ

美しい演出が

されている

隊長イヴシュキンは クレバーで

観ているものを

魅了する

敵役のイェーガーは

若いイメージながら

冷血な なかに ライバルに 対して

称賛するような一面もあり

なにか 憎めない一面を

感じさせる

ヒロイン役アーニャ

には イリーナ・スタルシェンバウム
1992年3月30日生まれ 170cm

瞳が大きく こわがっておびえているシーンや

そのギャップに笑顔のシーンや

恥ずかしがっているシーンが

キュートで

魅力を だしている

迫力のある スタイリッシュで

クールな戦車T-34の

爆走シーンは

ぜひとも オススメ♪

タイトルとURLをコピーしました