映画 オデッセイ 感想

この記事は約1分で読めます。

マットディモン主演
リドリースコット監督
オデッセイの台本はまず
宇宙で遭難したらどうなるだろうとあれこれ考えた筆者が
テーマに小説を描いて
出した本を題材に
発足され、製作することになり、
そこから製作陣営が招集、
リドリースコット監督は当初忙しく、
別の案件があったが
その案件がなくなり、
映画オデッセイをつくることになり、
リドリースコット監督がマットディモンに
やらないか?と招集し
マットディモンはやりましょう!♪
となった。
題材の小説のとおり
火星からシーンがはじまり、
大変なことにっなっていく。
今回は
マットディモンの明るいキャラが
よく出ていて、
弾けた感じの宇宙飛行士役を
演じていて、
それが映画の進行をひっぱっている。
過度な恐怖シーンはないので、
映画オデッセイはまさに、
家族みんなが楽しめる
エンターテイメント映画であると
思うので、よければ♪

タイトルとURLをコピーしました