映画ワンスアポンアタイムイン上海 感想 評価

映画
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スタッフ

監督 チェン・アル

製作総指揮 ワン・チョンジュン

製作 アルバート・リー

プロデューサー ジェリー・イェ

特殊効果 ワン・シャオウェイ

音楽 梅林茂

美術 ハン・チョン

キャスト

浅野忠信

グォ・ヨウ

チャン・ツィイー

ドゥ・チュン

ジリアン・チョン

ハン・グン

フォ・シーイェン

ドゥー・ジアン

ユアン・チュアン

ニー・ダーホン

松峰莉璃

ストーリー

日本軍による中国侵攻前夜の

1937年

マフィアの重鎮ワンの下で

ルーは知力と財力を武器に

裏社会で影響力を

欲しいままにしていた

ワンの妻で 女優のリュー(チャン・ツィイー)は

自由奔放な性格で

派手な生活を好み

束縛されるのを嫌い

ワンからも離れたがっていた

ワンは面目などもあり

そんな妻が頭痛のタネであった

ルーの妹の夫ワタベ(浅野忠信)

は日本人だが

自分は上海人だと称し

ルーの良き参謀であった

ある日 実業家と名乗る日本人が

ルーに商談をもちかけてきた

ワタベは

ルーに気をつけるように

忠告するが

ルーは 話し合いに臨む

軍服を着た男と実業家は

一緒に銀行を設立したいと

提案してくる

しかし ルーは 断る

そんなルーを邪魔だと考えた

日本人達は ルーの座を狙う

チョウを使い

ルーを消そうと考える

上海裏社会の抗争をめぐる

力と欲望のぶつかりあいが

はじまった

感想

浅野忠信とチャン・ツィイーの

からみが凄かった

まさか こんな からみが

あるとは

夢にも思わなかった

子供は 見ちゃだめの

シーンが あり

パートごとに

話が 別れていて

経緯なとが パートごとで

組まれている

女性の登場人物が

数人いるので

誰が 誰なのか

わからなくなるが

女優には チャン・ツィイーの他にも

香港の歌手Twins のメンバーで

女優のジリアン・チョンや

浅野忠信の妻役に

松峰莉璃(まつみねりり)

中国で活躍する日本人 監督 翻訳 脚本も手がける

など

全体的には

凄く力の入った映画で

製作にも たましいが

こもっていた

ストーリーにも

サプライズが あり

ラストあたりには

まさかまさかの連続である

映画は

狂気的な描写や

権力をもつマフィアの目線

また

日本 中国 との

映画では

だいたい ラストのような結末が

多いので

正直 バッドな 雰囲気を

味わうのだが

サプライズ的な

ことと

目立つ ラストだったので

映画としてのつくりは

力こめられた

作品となっている

浅野忠信と チャン・ツィイー

のからみが

かなり 強かったイメージが

あるので

興味ある人には

おすすめ映画 よかったら⭐️

タイトルとURLをコピーしました